「表現の自由」はなぜ重要なのか

表現の自由とは

日本において「表現の自由」は、日本国憲法第21条で規定されている。

第二十一条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。 2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

第21条にはこうある「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由」。これはつまり「表現の自由」というのは「集会の自由」「結社の自由」「言論の自由」「出版の自由」「その他一切の自由」を含む包括的な言葉ということである。

表現とは何か

「表現の自由」に似た単語に日本国憲法第19条で規定されている「思想及び良心の自由」がある。ただし、意味は全く異なる。

第十九条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。

「思想及び良心の自由」は、自分が思ったり、感じたり、考えたりすることである。これは、他者には伝わらず、自分の内にとどめた感情や思想のことで例えば「Aが好きである」や「Bが嫌いである」のような感情などのことだ。これらは、少なくとも自分の内にとどまっている間は「思想及び良心」であり「表現」ではない。

逆に「表現」とは、自分以外の他者に何かしらを伝えようとすることである。例えば先ほどの「Aが好きである」や「Bが嫌いである」のような感情を、言葉を使って他者に伝えた場合、これは「思想及び良心」ではなく「表現」となる。その他、例えば以下の様な例は全て「表現」に該当するだろう。

「表現」の例

ここまで例を見てわかるのは、「表現」とは例えば芸術家のような人だけが行うものではなく、誰もが意識してまたは無意識に日常的に頻繁に行っていることであるということだ。

なぜ表現の自由は重要か

まず「表現の自由」が無い状態を考えてみよう。「表現の自由」が無いということは、「集会の自由」「結社の自由」「言論の自由」「出版の自由」「その他一切の自由」が無いということである。つまり、デモを含めて自由に集会を開くことができず、自由に人のグループを作ることができず、自由に自己が感じ考えていることを周りに共有できず、自由に本を出版することができず、その他上記の例で示したことが自由に行えなくなる可能性があるということである。これでは日常生活をおくるのすら困難になる可能性がある。

また、例えば政府などが「表現の自由」を強く制限すると、人は他者に自分の考えを伝えることが難しくなり、報道が制限されたりコントロールされ、出版物も検閲されるということになる。これは一党独裁のような政治体制下や戦争中の国家などでよく見られるが(まさに第二次大戦中各国がこの状態だったと言えるだろう)、このような状態では国民は今何が起きているのかを正しく把握することができず、例え政府が暴走しても誰も止めることができない。

政府を暴走させないため、国民が今何が起きているのかを正しく把握するには「報道の自由」が必要であり、またその情報から自由に考え、またその考えを意見し議論できる「言論の自由」や「出版の自由」のような自由が必要であり、またその考えを主張するため「集会の自由」のような自由が必要だ。


私たちが真に自由に生きるには「表現の自由」が必要なのだ。



※大前提ですが「憲法」は「国民」が「国(行政、司法、立法など)」の行動を制限するためのルールです。つまり、憲法おける「表現の自由」の保障は、「国が国民の表現の自由を制限してはいけない」という意味です。 ※私は法律の専門家ではありません。法律に関する質問は法律の専門家にお問い合わせください。

#FREEDOM