Tor ノードの設定方法

Tor ノード(Tor Relay)の運用初心者による、Tor ノード設定ガイド。

注意事項

  • これは、Tor ノードの運用初心者によるガイドです、このガイドには何か間違いや不備があるかもしれません。
  • Tor ノードには、基本的に24時間インターネットに接続しっぱなしにできるサーバを利用してください、また従量課金制のサーバは利用しないほうが良いと思います。
  • Tor ノードは1か月でテラバイト(TB)単位の通信が発生場合もあることを忘れないでください、通信量や通信速度を制限する設定もできるようです。

概要

このガイドは「Debian 10 (buster)」で「root」権限の状態で Tor リレーの設定を行う場合のガイドです。ここで解説する設定を行うとあなたのサーバが「Tor」の「Middle/Guard relay(出口リレーでないリレー)」として動作するようになります。「root」以外で設定を行う場合はコマンドの初めに「sudo」をつけて sudo apt update の様に入力してください。


必要なもの


設定1:リポジトリの追加

1.

apt update && apt install apt-transport-https

を実行して「apt-transport-http」をインストール。

2.

nano /etc/apt/sources.list.d/tor.list

を実行後、

deb https://deb.torproject.org/torproject.org buster main
deb-src https://deb.torproject.org/torproject.org buster main

を張り付けて保存。

3.

wget -qO- https://deb.torproject.org/torproject.org/A3C4F0F979CAA22CDBA8F512EE8CBC9E886DDD89.asc | gpg --import
gpg --export A3C4F0F979CAA22CDBA8F512EE8CBC9E886DDD89 | apt-key add -

を実行。

4.

apt update
apt install tor deb.torproject.org-keyring

を実行。

(参考: https://support.torproject.org/apt/tor-deb-repo/ )


設定2:Tor のインストール

1.

apt update && apt install tor

を実行して「Tor」をインストール。

2.

nano /etc/tor/torrc

を実行後、

Nickname NICKNAME
ORPort 443
ExitRelay 0
SocksPort 0
ControlSocket 0

の「NICKNAME」部分を各自考えたサーバのニックネームに置き換えて、torrc の最後に張り付けて保存。ここで設定した情報は「Tor Metrics」公開され、誰でも閲覧できます。

3.

systemctl restart tor@default

を実行し「Tor」を再起動して設定を読み込ませる。

(参考: https://trac.torproject.org/projects/tor/wiki/TorRelayGuide/DebianUbuntu )


設定3:Nyx のインストール (任意)

Nyx は Tor Relay のステータスを確認できるツールです。インストールしなくても Tor Relay は動作します。インストールするとリアルタイムでの通信量等を確認出来ます。

1.

apt install nyx

を実行して「Nyx」をインストール。

2.

nyx

を実行して「Nyx」を起動。

(参考: https://nyx.torproject.org/ )


設定完了

以上の設定でとりあえず Tor ノードとして動作するようになるはずです。これ以外の詳細な設定方法は Tor の公式ガイドをご覧ください。

関連情報

#PRIVACY #HowTo #Tor