ハイブリッド暗号方式とは

ハイブリッド暗号方式(hybrid cryptography)は、公開鍵暗号方式共通鍵暗号方式の良いとこどりをした暗号方式である。公開鍵暗号方式よりも処理が高速で、かつ共通鍵暗号方式と異なり鍵配布が容易。TLSなどで広く用いられている。

暗号方式名 鍵配送・管理 処理速度
公開鍵暗号方式 容易 低速
共通鍵暗号方式 困難 高速
ハイブリッド暗号方式 容易 高速

共通鍵暗号方式は、「公開鍵暗号方式と比較して処理が数百から数千倍高速」だが「鍵をネットワーク経由で安全に配送する方法が無い」ため、共通鍵暗号方式を単体でインターネット上での通信の暗号化に用いることはできない

公開鍵暗号方式は、「鍵をネットワーク経由で安全に配送することができる」が「共通鍵暗号方式と比較して処理が数百から数千倍遅い」ため、公開鍵暗号方式を単体でインターネット上での通信の暗号化に用いると非常に非効率的である

そこで考えられたのが、ハイブリッド暗号方式である。

ハイブリッド暗号方式は、「公開鍵暗号方式を用いて(共通鍵暗号に使用する)共有鍵を配送」し、その後の通信は「共通鍵暗号方式を用いて行う」。これにより、ハイブリッド暗号方式は、「鍵をネットワーク経由で安全に配送することができる」上に「処理速度もかなり高速」である。そのため、ハイブリッド暗号方式は共通鍵暗号方式と公開鍵暗号方式のそれぞれの利点を引き継ぎつつ大きな欠点のない効率的な暗号方式である

ハイブリッド暗号方式の通信確率手順

A:公開鍵Bを所有 B:秘密鍵Bを所有
A:共通鍵を生成 B
A:共通鍵 –(公開鍵Bで暗号化し共通鍵を送信)→ B:共通鍵
A:共通鍵 ←(共通鍵暗号方式で暗号化)→ B:共通鍵

参考

#PRIVACY