雨や風の強さと言葉の表現

日本の気象庁による雨と風の強さとそれに対応する言葉の表現の一覧表です。参考元は気象庁、参考元と一部表現を変えています。以下の表は目安としてご利用ください。正確な表現は気象庁のホームページをご確認ください。

1時間雨量(mm) 予報用語 人への影響 車への影響
10〜20 やや強い雨 地面からの跳ね返りで足がぬれる
20〜30 強い雨 傘をさしてもぬれる 周囲が見えにくい
30〜50 激しい雨 傘をさしてもぬれる 高速走行時、ブレーキが効かない
50〜80 非常に激しい雨 傘が全く役に立たない 車の運転は危険
80〜 猛烈な雨 傘が全く役に立たない 車の運転は危険

※10〜20は10以上20未満を示す。

平均風速(m/s) 予報用語 人への影響 車への影響
10〜15 やや強い風 風に向かって歩きにくい、傘がさせない 高速走行時、横風に流される感覚
15〜20 強い風 風に向かって歩けない、高所での作業は極めて危険 高速走行時、横風に流される感覚が大きく
20〜30 非常に強い風 何かにつかまらないと立てない、飛来物で負傷のおそれ 通常の速度での運転が困難
30〜 猛烈な風 屋外での行動は極めて危険 走行中のトラックが横転

※10〜15は10以上15未満を示す。

参考

#Meteorological